金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

3歳半検診でひっかかった視力検査

こんにちは、まだまだ暴走中の3歳ぼうやを育てているtotoです。

 

息子のsouは基本的に健康体ではあるのですが、いろいろとひっかかるんですよね〜。

中耳炎はずっっっっっっとなってますし、発達障害を疑われたり、保育園での暴走で面談をうけたりと。

でもむだに元気でザ・男の子!という息子です。

 

そんなsouを先日3歳半検診に連れて行きました。

正確にはとっくに3歳半はすぎていましたが、地域的に子どもが多いので順番が遅くなったんですかね。 

 

スポンサーリンク

 

初の視力検査

f:id:sakuta_toto:20170603130123j:plain

検診の案内が家に届くと、今までにはなかった項目が…それが「視力検査」!

しかもまずは家でやってきてくださいっていうもの。

 

「え?できるもの??」

 

と思いましたが、やり方を教えて「あいているのはどこ?」って聞くと案外ちゃんと答えられたsou。

3歳ってこんなことできるようになるんだ、とちょっと感動。

 

まずは両目で視力検査してみました。

うん余裕ね!もちろん見えるよね、って感じでやっていました。

 

さて、次は右目。

「どこがあいている?」

「わかんない」←即答

 

え!?

 

じゃ、気を取り直して左目の検査。

「どこがあいている?」

「わかんない」←即答

 

う、うそでしょ?

 

そうなんです。

なんとsou片目だと見えなかったんです。

まさか、という気持ちでした。

よぎるのは「弱視」。

今までちゃんと見えていないとは全く気づきませんでした。

 

覚悟を決めていざ3歳半検診へ

面談や歯科検診、身長体重と特に問題なく進み…いよいよ視力検査。

結果は…家とまったく同じでした。

 

もらったのは要精密検査書類。

 

意外と見えたりしないかなと淡い期待をもっていたのですがダメでした…。

弱視なら弱視と早く結果を知りたいと思い、その後すぐに眼科に直行。

弱視は早い段階できちんとした治療をすればなおることですからね!

メガネをかけることになるとしても本人のことを考えると早く行動しなくてはと思ったのです。

 

緊張の眼科。結果は…

正直、先生の診断結果を聞くのはこわかったです。

ここで出た答えは受け入れるしかないですから。

眼科でのsouの視力検査を後ろで見ていましたが、本当に見えていなくて悲しくなってきたものです。

この段階でわたしはもう弱視だろうなと心の準備をしていました。

 

最後に先生の診察室へ。

診断結果は

「両目の視力に差がないので問題ないでしょう」

でした。

 

え??

 

「まずは視力検査になれるために1ヶ月に1回通ってください」

ということで、眼科に通うことになったのです。

 

このとき3歳半の段階で何をみるかというのを教えていただいたので記載しておきます。

 

・左右の視力に差はないか

・左右の瞳が同じ方向に動くかどうか(暗い部屋で光をつけ動かしたときにどちらも同じ動きをするかどうか)

・3歳半検診の視力検査はこの年齢で1.0見えていてほしいという指標にすぎない

→なので成長に個人差があるので見えていなくても特段問題ではない

・今1.0見えていなくても矯正(メガネ)をすることで1.0見えるのであれば弱視ではない

・つまり近視は問題ないが遠視だと問題あり

 

ということでした。

このどれかにひっかかるとさらに詳しく調べて何かしらの診断をされるようです。

 

ちなみにsouは2回目の眼科検診できちんと視力検査ができ、メガネをかけることで片目でも1.0見えることが確認できました。

これにて問題ないという結果!

 

結局souはなんだったかというと…たんなる近視だったんです。

 

両目で1.0見えているのですぐにはメガネは必要ないと言われましたが、これは確実に将来メガネ小僧じゃないですか。

でも夫もわたしもガンガン近視なので遺伝でしょうか…。

ただわたしは高校からメガネ必須になったんですけど早すぎるような。

 

自分の子どもに限って、と思うことですがわからないものです。

発達障害を疑われたときもそうですが親としてはなんだか落ち込んでしまいますよね。

子どもを育てているといろいろな問題に直面するものです。

  

www.sakutoto.com