金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

臨月の心境。満月と新月と出産と

こんにちは臨月に入ったtotoです。

 

二人目ということもあって長かった妊娠期間の最終章である臨月は複雑な気持ちです。

 

まず、こわい。

 

これにつきますね。

一人目のときの陣痛のあの苦しさと痛さと言ったらもう…。

またあれを味わうのかと思うと心の準備が追いつかないです…。

おそらくこのまま出産に突入するのでしょう。

みなさんこれを乗り切っているって本当にすごいですね。

 

スポンサーリンク

 

前駆陣痛がきた!

f:id:sakuta_toto:20170614152229j:plain

35週に入ったくらいから前駆陣痛たるものを経験しています。

1人目のときにはなかったので2人目の出産は早くなるっていうのは本当かもとヒヤヒヤしています。

 

前駆陣痛とは不規則な陣痛で定期的な痛みの本陣痛とは別みたいですね。

たしかに陣痛に似ている痛みなんですが1回経験していると「本陣痛ではないな」というのはわかります。

でも夜中にあると「マジで?今なのか?」と痛みの感覚を鋭く意識している自分がいます。

 

さらにこの時期に困るのが陣痛なのか単純に排便したくてお腹がいたいのかの区別がつかないことです。

前駆陣痛か!?と思っていると単にトイレで用を足せば痛みはなくなったり。

 

陣痛にたいしてとても敏感になっているので臨月もつらいですね。

 

想像するだけでも赤ちゃんに会えたらかわいくて仕方がないだろうとは思うのですが、なんせ陣痛を経ないと出会えないのでつらいところです…。

 

月と出産の関係

f:id:sakuta_toto:20170614152032j:plain

満月とか新月の日に出産が多くなるっていいますよね。

「迷信でしょう」

ってわたしも思っていたんですが1人目はズバリ新月の日に産まれました。

お昼に定期的な陣痛があり病院に行ったときに「今日は新月だから今日産まれるだろうね」って看護師さんに言われて知ったんです。

 

病院に勤めている人だと科学的根拠はないけど本当に多いっていう実感があるそうですよ。

すごく不思議ですね。

人間の身体の漢字や女性に関することは「月」という字が使われている理由は月の満ち引きが関係しているかららしいです。

どうして昔の人はそういう知識があったんでしょうか。

これまた不思議です。

 

1人目のときのこともあり今回は満月カレンダーでチェック済みですよ。

近々だと6月24日(土)が新月7月9日(日)が満月ですね。

 

ってどっちも土日じゃないか!!

 

分娩費用が高くなるじゃないかーー!!

 

…わたしの地域ではもはや助成金からはみ出すのが普通なのでこれ以上分娩費用が高くなるのはかなりの痛手です。個人病院ではなく公立の病院なんですがね…。

 

国は少子化対策をする気があるのかーー!!

 

ラッキーガールを狙いたい

f:id:sakuta_toto:20170614151943j:plain

満月や新月に産まれてきてしまう可能性も高いですが、わたしとしては2017年にちなんで7月7日に産まれてきてくれたらいいなと思っています。

 

それは7・7・7のぞろ目になるから(笑)。

 

ドラクエで言ったらカジノで777出したら「はぐれメタルの剣」とれるレベルですからね。

 

7が縁起が良いというのは日本人だけの感覚でしょうけどぜひラッキーセブンを狙ってほしい。

 

陣痛出産もたいへんですが産まれてからも大変な日常になるので今からやるべきことは片付けておかなくてはと思う今日この頃です。