金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

うんこ漢字ドリルがおもしろすぎる

こんにちはtotoです。

 

「うんこ漢字ドリル」って今すごい売れているそうで。

 

たしかに書店で目に入っていましたが、まだうちの子には早い品物だったのでスルーしていました。

でもニュースで取り上げられていて興味本位で中身を見たらおもしろい

 

なんて斬新!!って思いました。

 

unkokanji.com

 

まちがいなくうちの息子ははまります

年長になったら買ってあげようかな。

 

スポンサーリンク

 

男の子にはうけるけど、女の子には微妙?

f:id:sakuta_toto:20170621095513j:plain

母親の立場としてはかなりアリな商品です!

とくに男の子を育てていると漢字を覚えるのに「これは間違いない!」という確信を得られる商品です。

すごく真面目な専門家さんは批判している部分もあるようですが、単純でわかりやすく楽しく学べるって大事だと思うんです。

 

うちの3歳息子はまだ「うんこ」はそんなに反応しないですが「ちん◯」には絶大な反応をしめします(笑)。

もうその単語を聞くだけで大爆笑。

こっちとしては全くの謎ですが、そのゲラゲラ笑っている姿を見るとこっちまで「バカじゃないの?」と思わず笑ってしまいます。

 

まだ女の子を育てたことがないので他の人の体験談でしかわかりませんが、女の子だと男の子のようにうんこ漢字ドリルは簡単に受け入れてくれないようですね。

 

なんでも父親が娘にうんこ漢字ドリルをプレゼントしたら「パパのそういうところが嫌い」と言われたとか(笑)。

 

「お下劣笑い」に出る男女差

「小学生になると、下ネタの話題は恥ずかしいという感情も芽生えてくるんです。ただ男子は、小学4年生ぐらいまでは仲間うちで下ネタを話題として楽しむところがありますね」

富田准教授は、子どもの遊びや会話を観察する中で気づいたことがある。それは友だち関係をつくるときの男女差。女子は34歳頃から互いを「褒め合う」ことで、「私たち友だちだよね」という意識を高めるが、男子は違う。

「男子は『強さ』『かっこよさ』を志向するようになる一方で、『くだらなさ』を共有するところがある。ときには、『お前もやるな』『俺もたいがいだが、お前もくだらないな』などと、くだらなさを張り合ったりもする。男子はそういう過程の中で、友だちの絆を深めていくところがあります」

 

 引用元:https://news.yahoo.co.jp/feature/633

 

『お前もやるな』

『俺もたいがいだが、お前もくだらないな』

って男の子の友情、最高ですね。

 

わたしは女として生きてきたので「褒め合う」関係ってなんだか分かる気がします。

それに比べて男の子はおもしろいですね。

たしかにくだらないことに妙に反応しては喜んでいるところがある息子です。

 

もうすぐ女の子が産まれる予定ですが、男の子と違うものなんでしょうか。

「女の子は小さい頃から女だよ」

ってママ友からアドバイスをもらっていますが、それもなんだかおもしろそう。

 

やっぱり娘はうんこ漢字ドリルやらないのかな〜?

わたしはおもしろいって思うんだけどな。