金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

堪忍袋の緒が切れ家庭内別居をこころみた話

こんにちは、もう正期産をすぎいつ陣痛がくるかとドキドキしているtotoです。

 

産前とあって精神的に敏感になっているからかもしれませんが、わたしは夫に心底ブチ切れました。

 

原因は夫がゲームとアニメばかり見て子育てや家のことに全く関心を持たないから。

 

前もブログでこの不満を少し書いたことがあります。

この問題ずっっっっっっっっとあったんです。

 

www.sakutoto.com

 

スポンサーリンク

 

休日の過ごし方で夫に対してイライラすること

f:id:sakuta_toto:20170627125025j:plain

イライラポイント)まず寝すぎ

朝起きるのも遅ければ日中も昼寝をしています。

 

お前はなまけものか!

 

仕事で疲れているのはわかりますけども。

午前中ゆっくり寝たいのも昼寝をしたいのもわたしだって同じです。

でも子どもは朝が早いのでそれに合わせてわたしも生活スタイルを変えました。

 

この問題にすごくイライラしすぎてYahoo知恵袋で検索したことあります(笑)。

 

するとわたしと同じ問題を抱えた人が質問をしていて、その返答に批判している意見を見ました。

 

「なぜあなたは夫に対して理解がないのですか。」

「仕事をしているということはとてもつかれることです。」

「たまの休みくらい自由にさせてあげたらどうですか。」

 

…なんだと!!??

 

どうして日本って男の人に対してはそうなるんでしょうか。

 

男の人は仕事だけしていれば良いということ??

 

わたしは子どもが7ヶ月の頃から保育園に預けて正社員として働いてきました。

仕事をして子どもを迎えに行ってご飯つくって子どもと一緒に遊び一緒に寝る。

自分の時間を持ちたいと思っても持つことはできません。

 

でもそのこと事態に不満はありません。

子どもはかわいいし一緒にいたいって思います。

 

でもそんなわたしの横で仕事だけやっていればOKな夫がいるのってイライラしちゃいませんか…?

 

二人の子だし一緒に子育てしませんか…?

って思うのって自然だと思うんですが…。

 

と言えども専業主婦の母親からも同じようなことは言われます。

「あなたが家事もきっちりやりなさい」って。

 

わたしって器が小さい妻なんでしょうか。

女の人は働いていても家の仕事もきっちりこなさないといけないものなんでしょうか。

子育ては女の人だけがやるものなんですか?

仕事の精神的な疲れに男女で差があるものなんでしょうか。

 

日本のこういう古い考えには到底ついていけません。

 

イライラポイント)ゲームに夢中になりすぎて子どもに関心をしめさない

f:id:sakuta_toto:20170627125130j:plain

ゲームって夢中になるものなんですよね。

わたしだってゲーム大好きなので一度ゲームをやったら「やめられないとまらない」ってことわかります。

でもそのゲームに夢中になりすぎて隣で子どもが泣こうが話し掛けようが無視する夫。

正確には無視ではなく本当に気づかないんだと思います。

至近距離で子どもがなにをしようとも。

そのぐらいゲームの世界にのめり込んでいるんですね。

 

いやダメでしょ!!

 

おかけで子どもは理解が早く、ゲームをしている夫は遊んでくれないということを理解し全く近寄りもしないし話しかけなくなりました。

 

お前はそれでいいのか!?

 

とにかく自分優先で自分のやりたいことが一番な夫なんです。

子どもが産まれる前だったらこんなことにイライラしませんでしたが、子どもができた時点で話は変わってくることです。

 

もっと家族を大切にしてほしい…。

 

今回のブチ切れたきっかけは幽遊白書

f:id:sakuta_toto:20170627125623j:plain

現在AbemaTVであの懐かしい「幽遊白書」が放送されています。

興味のある方はどうぞご覧ください。

普通におもしろいので。(もちろん無料で見られます!)

 

で幽遊白書世代の夫は放送時間の土曜日になるとかじりついてテレビでそれを見ているのです。

ずっと。(10話連続放送だったはず)

 

ネットテレビをテレビで見る件については下記記事を参照してみてください!

とても便利で良いんですがね…。

www.sakutoto.com

 

その間の夫はゲームをしているときと同じ感じなのですが、なぜわたしが今回ブチ切れたかというと、土曜日って1週間分の食材の買い出しに行く日でもあるんです。

 

でも今回は幽遊白書を見たいがために

「買い出しに行くのは日曜日に一気にでいいでしょ?」 

と言ってきたことがはじまりです。

 

さらに

「そもそも買い物に行って1〜2時間消費するのがもったいないからさ」

とのこと。

 

これに付け加えて午前中まではお買い物大好きな子どもに

「お買い物一緒にいくなら◯◯しなさい!」

って夫は手なずけていました。

 

そのため言うことを聞いて子どもは買い物に行くのをずっと楽しみにしていたんです。

 

なのに急な買い出し中止申告。

 

ぶっちーーーーーーーーーーん。

 

ここでわたしの堪忍袋の緒が切れました。

 

結局買い物はわたしと子ども二人でいくことに

臨月でお腹が大きく長時間歩くのも重いものをもつのも正直つらい時期ですが、根性で子どもと二人で1週間分の食材の買い出しに行きました。

 

帰ってきてもどこかヘラヘラしている夫。

わたしフィルターでそう見えたのかもしれないですが。

 

おかげで土日はずっとイライラしました。

でも態度には出しません。

わたしは普段怒るとベラベラ説教がましく口で攻め立てる方なんですが今回は違いました。

本当に腹がたつと意外と冷静になるものなんですね。

 

そして平日のはじまり月曜日、家庭内別居実行

f:id:sakuta_toto:20170627125723j:plain

普段通り子どもを保育園に送り夫を最寄り駅まで「いってらっしゃい」と車で送り届けました。

 

内心「このヤロー」と思いながら。

 

家に帰りそそくさと夫の私物を整理しはじめるわたし。

 

わたしの家は1階ですべて生活ができるように、わたしの仕事部屋も寝室もリビングダイニング、風呂洗面所など集約しています。

平屋のような家です。

2階は将来の子ども部屋として2部屋なにも物がない状態であるのみ。

 

なので夫のものはすべて2階の1部屋に持っていきました。

布団も服もゲームもなにもかも。

親切なことにゴミ箱とティッシュも持っていってあげました。

 

幸いなことに1台テレビがあまっていたので新夫部屋に持っていきそれでゲームやアニメをずっと見てろ!と言わんばかりに丁寧に設置。

 

臨月で一番お腹が大きい今、こんな引っ越し並みにものを持ち上げ2階に運ぶわたしの根性ってすばらしい!ってちょっと自分に酔いしれました。

 

でもこの作業かなりストレス発散と運動になり出産に良い影響が出そうな感覚がありましたよ♪

 

1階のタンスはわたしの嫁入り道具の1つでとてもりっぱなものです。

そこの3段目は夫のコーナーだったのですが息子のものと総入れ替えしました。

夫の服は今まで子ども服を入れていた簡易的なカラーボックスのタンスに入れきれいに2階に設置。

 

扱いはいわば降格です。

お前は息子以下だ!

 

帰ってきた夫の反応

f:id:sakuta_toto:20170627125837j:plain

「え?なんで?」

「なんで今日から別々に寝るの??」

ってナチュラルに聞いてきました。

 

お前はアホなのか。

 

「もう一緒に寝る必要ないでしょ」

とだけ伝えわたしと息子は寝室に。

 

いつもならゲームやらアニメやらで夜更かしをしている夫ですがショックだったのかなんなのか早めに2階に行って寝た様子。

 

翌朝もめっちゃ早起きして1階に降りてきました。

そして夫は朝シャンをするのが日課なので普通に着替えをとりに寝室のタンスの引き出しをあけて固まっていました。

 

おそらく

「俺の服ではなく息子の服が入っている…!?」

と思考停止したんでしょうね。

 

なにも言わず2階の新夫部屋に行き、降格した簡易的なタンスから服を取り出していました。

 

でもその間、わたしはいつも通りの反応と会話をしています。

 

よっぽど怒ってガミガミ言ったら反論とかできるんでしょうけど、普段通りだからどうしたら良いかわからないんでしょう。

 

自分で言うのもなんですが、心底ブチ切れると人って怖いですね。

 

これは夫を苦しめるためにやったのか

f:id:sakuta_toto:20170627130008j:plain

いいえ違います。

冗談でやったことでもありません。

 

もう本当にこれで良いと思ったからやったのです。

 

1階は家族で過ごす空間にしたかった、それだけです。

だからゲームやアニメを見るなら自分の部屋でやってくれって思ったんです。

 

自分の好きなことをして過ごす夫の姿を見てイライラするのが、わたしにとって本当に精神衛生上良くないので。

であれば見えなくなれば良いと思ったんです。

 

昔からゲームやアニメが好きな人なのでそれを今更やめることなんてできないでしょうから。

わたしも一番好きなことをやめてくれと言われたら難しいでしょう。

 

それに1階の寝室の欠点として、光の漏れや音漏れがありずっと気になっていました。

でも夜更かしをする夫が2階で過ごしてくれることでその問題も解決。

赤ちゃんが産まれてからも静かな空間で子育てしたかったので。

 

時期的にもちょうどよかったです。

 

もうわたしからこの状態を変える行動はしません。

もし夫に急激な変化があり状況が変わったら、またレポートしたいと思いますが…。

状況を変えるのは難しいでしょうね。

 

「無償の愛」は子どもにたいしてでしかないものです。