金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

友だちがいる会社に就職したら友だちを「友だち」と思えなくなった話

社内恋愛の末、職場結婚をしたわたし。

中小企業だったため結婚後も二人とも同じ職場で働くことはできませんでした。

 

それならば、と5年勤務した職場をわたしが退職し転職活動をすることに。

 

ハローワークで探したり情報誌や会社のホームページで採用情報がないか調べて応募していました。

 

そして面接を受けた2社目で採用を獲得でき晴れて就職。

 

スポンサーリンク

 

仲良しだったMちゃん

f:id:sakuta_toto:20170928123904j:plain

初出勤の日、社員一人一人の自己紹介で気づきました。

 

そこには専門学校のときから仲が良かったMちゃんの姿が。

 

Mちゃんは社会人になっても年に1回くらいは会ってお茶をするような仲でした。

 

Mちゃんは友だちの中でもしっかり者で頼り甲斐があり、困っている友だちがいれば助けてくれるような素敵な子です。

  

わたしもMちゃんのことは好きで仲良く遊ぶ仲になっていました。

 

そんなMちゃんは勤続4年で退職者の多い中小企業にとっては年長者として扱われていました。

 

会社ではお局だったMちゃん

友だちとしての付き合いが長かったので会社での顔のMちゃんに少しショックを受けました。

 

それは会社では年下から嫌われるお局的な存在だったから。

 

わたしがMちゃんに抱いた印象は

・雑務はまったくしない。

・出社すると岩のようにただイスに座っていて帰社まで動かない。

・面倒なことはすべて後輩がやるべきと思っている。

・年長者のため発言力がありMちゃんが発言したことは絶対なところがある。

・上司から振られる仕事で嫌だと思うものは断り、その仕事はその他の人がどんなに忙しくても引き受けるハメになる。

・まわりからみても楽な仕事しかしていないのに給料はすごく高い。

 (ランク制で公表されていたため、だいたいどのくらいもらっているかみんな知っていた)

 

新人として入ったわたしにとっても衝撃的な先輩でした。

8歳年下の後輩とわたしは仲良くなりましたが、その子からMちゃんの悪口を毎日のように聞かされ、その内容に納得することばかり。

 

そもそも楽な仕事ばかりなのに高い給料をもらっているというのは周りの人からすると批判の的でした。

 

古い体質の中小企業だったため社歴が長い人が給料が高くなるシステムなのが原因です。

さらにMちゃんが入社した当時は営業利益が高く給料も高く設定されていたそうです。

 

このシステムだと長くいればいるほど給料が高くなるため年長者ほど楽な仕事だけしていればラッキーな風潮を作ってしまいます。

すごく悪い会社の制度の典型ですね。

 

自分でも気づかないうちにこの制度の甘い蜜にどっぷり浸かってしまったMちゃん。

 

幾度となくMちゃんが断った仕事をうけおい負の感情を抱くようになったわたし。

 

結局Mちゃんは後輩たちから反旗を翻されMちゃんの行いが社長の耳に入り降格処分を受けることになりました。

 

その数ヶ月後Mちゃんは退職。

 

この会社にわたしも5年勤務しましたが、この5年の間ですっかりMちゃんを嫌いになってしまいました。

でもこれはあくまでも会社でのMちゃんの姿を嫌いになったまでです。

 

ただ友だち関係も仕事の一環であれば、きちんと割り切り友だちとして今後も関係を続けることができるんでしょう。

 

でも人間そんなに器用にできていません。

 

どうしても会社での姿のMちゃんが強く頭に残り友だちとして会うことができなくなってしまいました。

 

今は冷却期間だと思っています。

 

いつか会社でのMちゃんを忘れ純粋な友だちに戻れる日がくるのだろうか。

 

1割は悪い人でも9割はいい人

f:id:sakuta_toto:20170928124122j:plain

自分のまわりにいる人はほぼいい人しかいない。

 

9割の人はいい人で残りのたった1割が自分にとって害のある人。

 

その1割の人のために頭をいっぱいにして悩むのはバカらしい!

 

こんなことが書いてある本がありました。

まったくもってごもっとも。

 

でもMちゃんの件で思ったんです。

 

「仕事」を通さなければ害ある1割の人も実はいい人の場合があるということ。

 

Mちゃんは普段友だちとして会うとよく気がきく素敵な女性です。

でも会社では違う顔をもっていました。

 

仕事ではみんな役割を担っています。

 

その役割によって嫌われ役になる人もいるでしょうし慕われる人もいるでしょう。

 

でも肩書きや役職に酔いしれ人を見下すようになったら、その人の人間性まで嫌われることになりかねません。

 

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。

 

人はみな平等。

仕事では役割があり役職によって人に命令することもありますが、人と人との間に偉いも何もないはず。

 

でもこれを誤解し「自分は偉い立場だから」と人を見下すようになったら大切な何かも失ってしまうことでしょう。

 

Mちゃんは仕事の役割で「自分は偉い」と勘違いしてしまった典型的なパターンです。

 

仕事で出会わなければとてもいい人なのに本当にもったいない。

 

もう連絡をとり合わなくなってしまいましたが今でも「Mちゃんどうしてるかな…」と心の片隅で思っています。