金欠totomamaブログ

会社員から個人事業主になった金欠子育て中mamaのブログです

金欠totomamaブログ

スーパーのモニターになったら粗品がすばらしい話

わたしが現在の場所に引っ越してきたのは1月。

もともとは田んぼだった場所に大規模な土地区画整理が行われ1年前では考えられないほど一戸建てがたくさん建ちました。

なんでも来年度までに1,500世帯が引っ越してくる予定だそうです。

 

町内会で出産祝い金が3,000円ほどでるので、7月に出産した我が家も申請したところ、なんとこの町内だけで4月〜9月までに生まれた子どもは20人だそうです。

 

本当に少子化なのだろうか…と疑う数字です。

 

これだけ人が集まるということで、もちろんスーパーや薬局などお店もオープン予定。

 

宮城ではメジャーなヨークタウンことヨークベニマルが出来る予定なんです。

 

最初にこの場所に引っ越してきたため我が家では今年度町内会の班長をしておりまして

「新しくできるヨークベニマルのモニターになってみないか?」

と町内会の副会長から声がかかりました。

 

モニターってなんぞや?

 

テレビ番組のモニタリングなら知ってるけど、実際のお店のモニターって何をするんだ??

 

と謎でしたが、どうせ暇だからとOKしました。

 

スポンサーリンク

 

さっそく第1回モニター会に

おそらくこのモニターに声がかかった人は町内で適当に選ばれ

「とりあえずOK」

と返事をした人がほとんどでしょう。

 

初めてのモニターの集会に少し緊張して参加したところ初回の参加者はわたしを含め

たったの5人。

 

わたしの心の声「えーーーーーーっ!?」

 

本当は15人くらいいるそうです。

とういかサボってもいいんかい!!

なんだ真面目に来てバカみたいだな…って思いました。

 

 モニターの集会では何が行われるのか?

ヨークベニマルのそれぞれの担当者から質問がありそれに自由に回答するというだけでした。

 

例えばお肉の担当者からの質問

「ステーキに力をおこうと考えていますが500円でこの量なら買いますか?」

(実物の商品を見せてもらいました)

 

この質問に対して

60代の人は

「これでこの金額だったら買うわ!」

20代の人と30代のわたしは

「ステーキは家では食べない。この量でこの金額だったら外食でステーキを食べる」

 

みたいな回答です。

 

これに参加して改めて思ったんですが、やっぱり年代によって買うものって違うんだなーって感じました。

 

考えてみれば当然ですが小さい子どもがいる子育て世代と子どもが巣立って夫婦二人だけであれば食卓にならぶメニューの種類も変わりますからね。

 

スーパーにとってはそこに住む世代をよく知ることがまず大事だろうなと思いました。

 

お店からの質問をたくさん答える形で約1時間の集会も終了。

 

帰りにヨークベニマルから粗品プレゼント

集会の終わりに

「少しですがわたしたちから粗品がありますので、どうぞ!」

と茶色い袋に入れられた物をいただきました。

 

家に帰り中身を見てみると、本当にいろいろもらえました!

 

もらえた品々がこちら↓

f:id:sakuta_toto:20171102195913j:plain

f:id:sakuta_toto:20171102195935j:plain

f:id:sakuta_toto:20171102195958j:plain

 

あともう一つ、ヨークのオリジナルブランドのお菓子2袋ももらいました。

(家に帰ってきてすぐ子どもに食べられてしまったので写真にとれませんでした…)

 

この中でも一番うれしかったのが

これ↓

f:id:sakuta_toto:20171102200018j:plain

 

1,000円の商品券!!

 

たった集会に参加しただけで商品券GET!!

かなりうれしいです!

 

毎回こんなにもらえるのだろうか?

だとしたら毎回参加しますよ。

 

だってただ自分の思ったことをペラペラ話せばいいだけですから。

 

モニターってすごくいいものですね!